在宅ホスピスケアとは?

高齢化が進んできた日本では最期をどこで過ごすのか?

死について考える人達が増えてきました。

 

この記事では在宅ホスピスケアについて説明していきます。

 

在宅ホスピスケアとは

 

在宅ホスピスケアとは在宅ケアとホスピスケアの両方から成り立ち、チーム(ホスピス医、訪問看護、訪問介護(ヘルパー)、薬剤師、栄養士、ボランティアなど)でケアすることです。

在宅ケアとは

在宅で療養する人と家族を対象にしたケア

様々な問題に対応するために包括的にケアをする

 

 

包括的とは

幅広く全体的を含んでいるという意味です。

ナースの立場から見ると病気など専門性が高い知識があるのではなく幅広い病気の知識があるイメージです。

 

 

 

ホスピスケアとは

死に逝く人が自分の考えた生き方を最期まで貫いていける支援をすること

 

在宅ホスピスケアの目標

 

ホスピスケア:療養者の生き方を支援する

残された家族が新しく生きて行く力を得る支援をする

ケアする人たちが死に逝く人のケアを通し学び成長していく

 

在宅ホスピスケアシステムの条件

チームケアができること

24時間ケアができること

病院との連携を保った継続的ケアができること

 

ホスピスケアを受ける療養者に対する面談の際に注意することとは?

療養者とその家族の意志を確認する

ホスピスケアでどのようなサービスが提供できるか十分に説明する

 

チェック項目

  • 症状と本人の理解
  • 症状のコントロール状況
  • 予測される今後の経過について
  • 家族について(主な介護者や協力体制がどうなているか?など)
  • 本人と家族の希望
  • 緊急時の入院の受け入れ

 

終末期のケアポイント

 

 

  • 死が差し迫っていることを伝える
  • 死までの経過を説明する
  • 死までのケアの方法を指導する
  • 死までに準備することを説明(遺影)
  • 死亡確認の方法を説明する

 

 

聴覚は最期まで残っているので不用意な発言はしないこと

ナースX

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です